スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔術やオカルト系のこと

 なんか、いろいろと疲れたよ。
 っていっても、なにもしてないんだけどね。
 こんなこと言うなんておこがましいけど、生きるのって疲れる。
 なにもしないって、なにかをするよりもずっとしんどいことだって、最近おもうなー。
 ……これを読んでくれている皆様! わたしの様なダメ人間になってはダメなのです。人生楽しめませんよぉ。

 話はかわりまして、タイトルに書いたとおり、オカルトチックなお話でもいたしましょうか。

 っと言っても、ただわたしが思ったことを書くだけですが。
 とあるサイトで、魔術はあたかも自分の想像したことが現実になるよう錯覚する。まぁつまり、強く願うことが大前提である。って感じのことが書いてあったのです。(わたしが認識した限りでは)
 それで、さっきチョロっと他サイトで見てきた喚起(天使や悪魔や精霊を呼び出すこと。多分)ってことに注目してー。
 これは「外部」に天使や悪魔や精霊を呼び出すことらしいのだけど、この場合呼び出された者には、実体があるのかどうなのかー? 
 ってことを思ったのでした。魔術系のサイトをみてて思ったのが、魔術も一つ(?)のものとして、確立された理論がある、化学に近いものなのかな? っておもいました。なんというか、ワクワクって感じよりも、う~んと唸りながら考える勉強のような感じなのかなと。

 ……ウフフフフ。
 ……あれですね。
 ついにこんなことまで調べだしましたよわたし。
 中毒症状がみられる今日この頃。これはあぶないのかも、しれません。

 それじゃあ皆! まーたらーいしゅう~♪(≧▽≦ノノノノノ☆

  
スポンサーサイト

命日

 何もやることがないけど眠れないから、仕方なく深夜にダラダラとネット徘徊をしていて、あることに気がついたからチョットばかし書こうかなっておもったから更新します。
 なにに気がついたかっていうと、四月十一日はある作家の命日となっておりますはい。
別にその人のことを良く知ってるわけじゃーないんですけど、中学の時にその人が書いたエッセイを、たった一冊だけ読んだことがありまして。普段エッセイを読んだ事が無いからかもしれないけど、すっごい楽しくてページがスラスラ進む進む。
 ……で、読み終わった後。発刊日とかが書いてあるところに、作者が既に死んでると書いてあってショックだったから今でも覚えてます。
 今月の十一日で、亡くなってから丸五年が経つのかな。月日って早いですね。もうわたしも十八超えたなー。十七歳よさらば~。
 内面が成長しなかったら歳をいくら積んだって、お子様なままだよね。わたしの精神年齢はいくつだろうか。十四とかそれくらいですかね?

 っと、延々とわけわかんない話をしてしまいましたが、読んでくださった皆様。ありがとうございましたー♪ 無駄なもの読ませやがって、時間返せ! っとか思われた方々。ごめんなさいです。
 小説の更新はもうしばらくお待ちくださいませ。自分なりに必死で構想を練っております。

 ではこれで~ノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。