スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説【2】

東の空が白み始め、もうまもなく太陽が顔を覗かせるであろう時刻。
 里から少し離れた森の入り口には、剣の稽古をするメフの姿がうかがえる。
 稽古に励む彼女の表情はいつもの飄々とした感じではなく、どこか清々しさが感じられる。
 剣を振るう一連の動作には洗練されたものがあり、どれほどの修練をつんできたのかが窺える。
 ふと、メフは一心に剣を振るう手を休め、ゆっくりと後ろを振り向いた。
 そこには全身黒衣で身をまとった、剣士風の男性が立っていた。
 年の頃は三十前半、腰には一振りの刀剣を携えており、口に煙草を銜えているその姿はここ最近毎朝見るものである。
「今朝もここにいたか、みゅうみゅう」
「おはようございます、オーガさん。日課ですから」
 唯一自分を本名で呼ぶ友人に対して、メフは表情を和らげた。
「今日も稽古に付き合ってくれるんですか?」
「あぁ、そうだ。さっそくだがいくぞ」
 静かに剣を抜いたオーガは、素早くメフとの間合いを詰めるとメフの喉に突きを放つ。
 メフはこれを紙一重で避けると同時にオーガの腹部に剣を一閃。
 オーガはこれを後ろに跳び退って避け、退きながらメフの手首を切りつけた。
「痛!!」
 小さく悲鳴を上げ、メフは剣を引いた。
 深く斬りつけられたわけではなく、いわゆる一本取ったほうの勝ちというやつだ。
 一瞬で片がついた試合にオーガは小首をかしげた。
「どうした。今日は切れが悪いな」
 メフは内心苦笑したが顔には出さずに
「少し疲れているのかも知れません、今日はもう戻りますね」
 そういい残しオーガの横を通り過ぎていったメフは、数歩歩いて前のめりに倒れた。
慌てて此方に駆け寄ってくるオーガの姿を最後に、メフの意識は途絶えた。


かな~り遅くなりましたが二回目です。
参加希望者どしどし募集したいこのごろ。
更新ペースもう少し早くできるようにしたいな~。できるかな~(
文句バッシング何でもござれ。中傷はイヤイヤ(
狐面ほしい今日この頃ですが、通販とかでほとんどない!?
なぜだ~っとうめいていますはい。
それではこの辺でバイチャ。次回更新はもう少しお早めにします。
スポンサーサイト

まいどどうも、こんにちは。
風邪ひいてました。
まだ引いてます。
アニメに癒される日々です。
以上です。

小説【1】

 薄暗い森の中を、まりぃは息を切らしながら走っている。
 手には身の丈以上もある大きな杖をもっており、ゆったりとした西洋風の衣装を身にまとうその姿は、誰が見ても一目で魔法使いとわかるだろう。
 まりぃは一度後方へ視線を向けると、慌てたようにそばにある大木の後ろに身を潜めた。
 途端先ほどまでいた場所を、一振りの長剣が通り過ぎていき、そばの木に突き刺さった。
「あっぶなぁ、投げるなんてなに考えてんのよ!!」
 顔を引きつらせながら喚いたが、ハッと我に返るとすぐさま小さな声で何事かをつぶやいく。
 すると手にしていた杖の先端が目に痛いほど真っ赤に光りだし、それを見届けたまりぃは身を潜めていた大木から飛び出し槍を構えるようにして杖を持ち、ゆっくりと此方に歩いてくる人間を一瞥し、杖を握る手に力をこめる。
「"メフ"!その余裕そうな態度、今に後悔するわよ。燃えろ!!」
 そう叫ぶが早いか、少女の持っている杖から大きな球状の炎が打ち出された。
 その反動で少女は後ろに転倒し、炎は目にも留まらぬ速さで──周囲の色々なものを燃やしながら──真っ直ぐ飛んでいき。メフがいる場所で爆ぜた。
「あははは、今度こそ勝ったわ!!」
 まりぃは倒れたままの体制で両手を空へ突き出し勢いよく勝利のポーズをした。
「さて、君はいったい誰に勝ったのかな?」
 直後、声とともに耳元に剣が振り下ろされた。「ひぇ!?」
 地面に剣を突き刺したメフはにっこりと笑っている。
「メフの勝ちだね。勝利を過信しちゃ駄目だよ"まりぃ"。事後の結果をきちんと見てから行動に移さないと、今みたいなことになる。」
「むぅ。だってメフ今まで一度だってわたしが攻撃する暇くれなかったし。でも今日はできたから。炎、わたしの一番すごいのだから。勝てたかなって……」
「残念、君は弱いんだ。まだまだメフには勝てないよ。もっと強くなってから出直しておいで♪」
 皮肉交じりに言い訳しても、相手にされないのはいつものこと、まりぃはあきらめて立ち上がった。
「帰ろ、おなかすいた」
 どんどん歩いていってしまうまりぃの後を、メフは追いかけていった。


 ……どうも~♪お疲れ様でした自分(ぇ
これ書くだけで3時間使ってたりしますwやたら遅い。
 感想やアドバイスなどをいただけたら泣いて喜びますはい。
 MIB小説のつもりです。メフさんには出演許可を得ていますが、こんな駄文になってしまいなにを言われるか戦々恐々としております。ゆるしてメフさんm(_ _)m
 ……さて、こんな駄作でも出てもいいよと言ってくれるかたを心よりお待ちしております。早いはなしが出演者募集なのです。大募集中なのです!! でてくださる方は個宛てコメントよよですw 

日記【1】

 こんばんは、まりぃです。
 先日錬金2とりました。
 アイテム作成に専念する予定ですが、塔生活だから熟練度溜まるの遅いですね(;ω;)
 育成はしばらくストップの方向で、ゆるゆると育てようと思います。
 

ご挨拶

MIBの育成日記と小説を書いていこうと思い作ったブログです。

日記は毎日書く意気込みで。
小説は……出来具合でばらけると思いますが、
とりあえず短く区切って、週一くらいで書けたら幸い。
小説はまったくの初心者で書ききった経験もないので、期待はしないでくださいm(_ _)m 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。