スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説【8】

 閑散とした裏通りにある、一軒のオンボロ宿屋。そこの二階の一室で静かに眠っている人が二人。
 まだ外も薄暗く、この宿屋の客も殆どが眠りについている。
 メフとフィーナも例外なく眠りについていて、先ほど記した眠る二人とは彼女達だ。
 しかし例外もいるわけで。その例外は、小柄な体に不釣合いな身の丈以上もある長い杖を側に置き、特徴的な模様が施されている白いローブを身にまとっている。
 言うまでもなく、まりぃだ。
 まりぃは化粧室にある鏡で、寝癖のせいでボサボサになった長い髪を梳いている。
「あーもう、なんで今日に限ってこんなになるのかしら」
 何度梳いても上下左右に跳ねる。もし今メフがまりぃの姿をみたら、
「まるでメデューサみたいだね」
 と言うに違いない。
「……よし、バッチリ♪」
 なんて言ってはいるが、ばっちり所かまだボサボサなままだ。どうやら諦めたらしい。
「こんなことしてる暇はないのよ。特訓するために早起きしたんだから」
 まりぃは使っていた櫛を流しの横に置くと、化粧室から出た。
 二階の廊下を通り、階段を降りる。そのまま出口へと向かう。
「お客さん!」
 扉を開けようとしたら、誰かに呼び止められた。
 まりぃは振り返って笑顔を作った。
「おはようバイト君」
 まりぃより二つくらい年下に見える彼は笑って、
「おはようございます、お客さん。寝癖、すごいですよ?」
 まりぃは前髪を指で弾いて、頬を朱に染めた。
「そーゆーバイト君こそ寝癖、すごいぞ」
「あ、たしかにそうですね。お互いさまでしたね」
 ニコニコ笑う彼を見て、まりぃは踵を返した。
「じゃ、わたし行くから」
「お一人でどちらへ? お連れの方への伝言をお預かりしましょうか?」
「ううん、いいわ。ちょっと散歩に行くだけだから」
 彼はまりぃのいでたちを見て首を傾げた。
「そんな格好で散歩ですか?」
 手に持つ杖に、背中に背負ったバック。そのへんをちょろっと散歩するにしては、重装備である。
「……そういう事にしといて」
 彼は再び笑顔になった。
「わかりました。行ってらっしゃいませ」
「うん。じゃねー」
 カラコロと、扉についている鈴を鳴らしてまりぃは外に出た。
「さてと、訓練施設はどっちかな?」
 まりぃがこれから向かう所は、この街で一般から騎士団までの様々な人たちが利用できる訓練施設である。尤も、騎士団は毎日相当過酷な訓練を団内で行っていて、わざわざ訓練施設にまで自習練習をしにくる人は珍しい。
 だがその珍しい人こそが、人一倍心身を鍛えているからして、団内での地位もそれ相応だ。したがって、訓練施設内で見かける騎士団員は、結構お偉方が多い。ある意味奇特な人々だ。実力重視の騎士団では、これくらいしないと上へ上がれないということでもあるが。
「よし。こっちだね」
 街の地図を見ていたまりぃは、ようやく進行方向を特定したようだ。訓練施設に向かって歩き出した。

 一方。宿屋で眠っていたフィーナが、目を覚ました。
 目を開けるが、何故か視界が暗い。それになんとなく苦しい。
 ……別のベッドで眠っていたはずのメフが、フィーナに抱きついて眠っていた。
 体格が大きいメフに抱きつかれると、フィーナの体はすっぽりとメフに覆われることになる。
「ちょ……ちょっとメフさーん。起きてくださーい!?」
 メフの胸の中でもぞもぞと暴れる。
「メフさん! メフさーん? 朝ですよー起きてぇ~!!」
「う……んん!?」
 ガバっとメフが跳ね起きた。抱きつかれていたフィーナも一緒に起きあがる。
「どうした? 敵襲か?」
 ドスの利いた声で、あたりをきょろきょろと見る。
「ちがいます~。苦しいので放してください」
「え?」
 メフが下を見る。フィーナが上を見る。二人の目が合った。
「あ……失礼」
 メフがぱっと手を放し、二歩後退する。
 フィーナは苦笑してメフを見た。
「起きたらわたしのベッドに、メフさんがいたから驚きましたよ。いつ来たんですか?」
 メフは朱に染まった頬をぽりぽりと掻いて、そっぽを向いた。
「いやそれが、全然覚えてなくて。ごめんね」
「いいえ、いいですよ。ちょっと面白かったですし」
 冷静なメフにもこんな一面があるのだと、フィーナは内心微笑んだ。
「じゃあわたし、顔洗ってきますね」
「あ、メフも行くよ。丁度いいからまりぃも起こそう」
 そう言うと、まりぃのベッドに視線を向けて、
「……あれ、いない」
 二人して首を傾げた。

「ここは、どこなのよーーーーーー!!」
 周囲にいる人々が、一斉に注目するのも気にせずに、まりぃは叫んだ。
「ああーもう! なんで? 目的地はどこよ。それからここどこなのよ!?」
 ブツブツ言いながら、まるで見当違いの方向へと進んでいく。
「おい」
 そんなまりぃを見かねたのか、近くにいた人が声をかけてきた。
「なによ?」
 イライラしているまりぃは、眼光鋭く、声をかけてきた真っ黒な服を着た長身の男を見上げた。
「……あ!!」
「……お」
 まりぃは男が誰なのか知ると、いきなり頭を下げた。
「ごめんなさいオーガさん!!」
 いきなり謝られたオーガは、面食らった。
「どうした。なにを謝っている」
 まりぃは頭を上げて、しかし視線は逸らしてオーガを見上げた。
「いやあの。メフとの約束で、今度あったら謝らなきゃって思って。前に失礼なことしちゃったから」
 アタフタ慌てるまりぃを一瞥したオーガは、
「いや、あの時名乗らなかったこちらにも非はある。お前が謝る必要はない」
 まりぃはオーガの目を見て、すぐに逸らした。
「そ、そう? ならいいんだけど……」
「それより」
 オーガはまりぃの持っている地図に目をやった。
「その地図、北と南を逆に持っているぞ」
 僅かな沈黙の後。
「……え? そうなの?」
「あぁ、そうだ」
 まりぃは真っ赤になった顔を伏せて、地図をひっくり返した。これでまともな見方になった。
「どこへ行く所だったんだ?」
「こ、国立第三訓練施設」
「ほぉ。お前、あそこの訓練許可証をもっているのか。さすがみゅうみゅうに鍛えられているだけはあるな」
 言われて、まりぃは首を傾げた。
「許可証? なにそれ。そんなのが必要なの?」
 オーガは眉をひそめて、まりぃを見た。
「なんだ、知らなかったのか? あそこは様々な訓練をする事が出来るが、試験を受けてある程度の実力が認められないと施設を利用することはできん」
 まりぃはしばらく呆然としていた。今日の早起きが無駄になってしまった。
「そんなぁ。せっかく早起きしてきたのに……」
 早起きなど、数時間も道に迷って日が昇りきっている今の時間帯では、もはや無駄になったも同然だがまりぃはそれには気付かない。
 完全にしょげかえっているまりぃを見てオーガはあることを思いついた。
「よし、お前が施設を使えるようにしてやろう」
 まりぃは顔を上げた。
「え……。本当?」
 オーガは頷いた。
「あぁ、本当だ。ただし条件がある」
「条件?」
「そうだ。これから向かう先で話す」
「? とりあえずついて行けばいいのね。分かったわ」

 時刻は過ぎて、夕暮れ時。
「まりぃちゃん、どこへ行ったのでしょうか?」
「メフに聞かれてもねぇ」
 トントンと、部屋のドアが丁寧にノックされた。
「はい、どうぞー」
「失礼します」
 入ってきたのは、今朝まりぃと話したバイト君だった。
「どうかしましたか?」
 フィーナが聞く。
「先ほどお客さん方宛てに手紙が届きまして、渡しにきました」
 フィーナに手紙を手渡す。
「オーガ=ウルフ? 誰?」
「あぁ、メフの友人だよ。ちょっと貸して」
 フィーナから手紙を取る。
「えーと。一月程まりぃを預かるが、心配するな。本人の許可も取ってある。用が済んだら家まで送り届けるから、闘技大会後は二人だけで帰ってくれ」
「え……。これって誘拐ですか?」
「……違うと思うよ」
 二人はまたもや首を傾げた。
スポンサーサイト

小説【7】

まりぃ達一向は、闘技大会に向かうべく、夜明けと同時に出発した。
 予算に乏しいまりぃ達には、馬などという上等なものを買う金などあるわけもなく、従って徒歩である。
「ねえメフ、今向かってる街ってどんな所?」
 メフはまりぃを見ると、首をかしげた。
「おかしいな、たしか君も行ったことがあるはずだけど。忘れたのかい?」
 まりぃの顔が朱に染まった。メフから視線をそらし下を向く。
 メフはそれを肯定のしぐさと受け取って、
「しかたないね、教えてあげるよ。そこは」
「そこは海に面している、港街だよ。他国との貿易がとっても盛んで、新鮮な食べ物がたっくさん食べられる素敵な街だよまりぃちゃん」
 フィーナがメフの言葉を遮って答えた。
「そうそう。街の中央には多目的に使われるドームがあってね、闘技大会はそこで行われるんだ」
 メフが言い足した。
 俯いていたまりぃは、顔を上げてにっこりと微笑んだ。
「じゃあ、おいしいものいっぱい食べれるね。楽しみー!」
 まりぃが言い終わるのと、メフがまりぃに飛んできた矢を剣の鞘で弾き飛ばすのは、同時だった。
「え? なに!? どうしたの?」
 おろおろするまりぃを庇うように一歩前に踏み出し、矢が飛んできた方向を睨みつける。
「誰だ、出てきな!」
 普段のメフからは想像もできないような怒気を含んだ大喝に、まりぃは一歩後ずさった。
 人影は出てこず、変わりとばかりにさっきとは反対方向から、フィーナに向かって矢が飛んできた。
「はっ!」
 フィーナはこれを、瞬時に作った氷の盾で弾いた。
「逃げるよ、走れ!」
 メフは言うが早いか、呆然としているまりぃを脇に担いで道を走り出す。一拍遅れてフィーナも後ろをついて来る。

 その後矢による攻撃は一切なく、三人は港町に到着した。

「はぁ……はぁ……はぁ」
 途中から自力で走ったまりぃの背を、あれだけの距離をはしったのに、平気な顔をしている二人が交代で撫でている。
「まりぃちゃん。大丈夫?」
「う……うん。大丈夫……だ……よ」
 フィーナはメフの方を向いた。
「駄目そうです隊長!」
 隊長と呼ばれたメフは微笑んだ。
「いいよ、落ち着くまでここで休んでいよう」
 まりぃ達は街に入ってすぐ、近場にあった喫茶店に入り一息付いている。
 メフは窓の外を見ながら、考えた。道中飛んできた二本の矢。なにか落ち着きがない街の空気。
「闘技大会まであと二日。面倒なことに巻き込まれなければ良いけど……」


 なんか、展開が唐突すぎてわけわかんなくないですか? 
 わたしの杞憂ならそれでいいんですけどー。
 その後~。とか。結局~。とか言ってごまかしてますけど、過程を書くのがやたらめったら苦手なのです。まぁつまり小説素人ってことですけど。
 それでも最近、やる気の方はゆっくーりと体に蓄積されてきているので、小生の駄文はまだまだ続きますよ♪ ウフフフフ♪
 あっとーねぇ、なんか不穏な空気漂う(?)終わらせ方をしていますがー。シリアスまっしぐらにはなりません! ……多分。

 コメ返し~♪
 
 あΣ たしかにパソコンが一番近い^^; じゃあパソ以外ってことで~♪>みゅうみゅうさん

 ミスったあぁぁ。100mなわけが……い、いやぁ わたしって実はすごいn(ry>オーガさん

小説【6】

朝日を浴びながらの稽古はなによりも楽しい。ってメフは思っているみたい。多分。
 ……わたしは、静かな月夜にヒッソリとするほうが好き。
 森のなかにある湖なんかは、最高の稽古場所でしょ?
 ……なんてことをメフに言ったら、
「いつから君は、そんなに根暗になったんだい?」
 ってさ。別に根暗になった覚えはないしー。
 なんてことをつい思いだしちゃうくらい、今のわたしはボロボロなわけでして。
「ウフフ。またわたしの勝ちねー」
 え~っと。わたしの連続八十九敗、だったっけ。
「うぐ。もうくやしくもないよ」
 フィーナがふるふると首を振った。
「だめだよまりぃちゃん。闘争心がなくなったら、相手に一生勝てなくなるわ」
 一生って、そんな大げさな。っていっても、本当にフィーナには一生勝てそうに無いなぁ。
 わたしとフィーナは、最初に言った湖で深夜の修行中。
 闘技大会までもう半月を切ってるから、毎夜こうして一緒に修行してるんだけど、わたしがなよっちいせいで、フィーナにとっては修行になってないかも。ごめんねフィーナ。
「疲れたー!! ちょっと休憩しない?」
「うん、いいよー」
 側にあった大きな切り株に二人して腰をおろして、家から持ってきた水筒を取り出す。中にはいっているのはコーヒー。
 水筒から紙コップにコーヒーを注いで、フィーナに手渡す。
「はい、どーそ」
「ありがとー」
 のんでみると、もうぬるくなってた。それに苦い。服のポケットを弄ってみたけど、砂糖がない。
「あ、砂糖わすれちゃった。なくても大丈夫?」
「うん、大丈夫だよー」
 フィーナは平気な顔でブラックコーヒーを飲んでる。うぅ、ちょっと悔しいかも。
 一気にコーヒーを流し込んで、立ち上がった。
 杖を空にむけて、
「輝け」
 杖全体が淡く光りだす。眩しくもなく、暗くもない。さて、次は。
「燃えろ」
 炎が発生して、杖の先端部にまとわりつく。そのまま杖を左右に振ったら、一拍遅れて炎がついてくる。
 こんどは杖の先端を湖にむけて、一振り。水が浮かび上がってきて、氷柱の形に凍った。よし。上出来上出来。
「わぁ、すごいすごい」
 そう言って、フィーナが湖に向かって両手を伸ばす。
 次の瞬間、湖面が凍りついた。
「……すごい」
 呟いたわたしに向かってフィーナは微笑んだ。
「こんどは氷の上で戦いましょ?」

 その後夜明け前まで戦ったけど、結局フィーナには一度も勝てなかった。もっと頑張らなきゃ!!



 はぁい! おげんきですかぁ~? わたしは微妙です。びみょーにょです。
 ……前回のあとがきで、また来週! っとか書きましたが、この通り全然週間更新をしておりません。ごめんなさいです。
 五月の頭に我が家にも定額給付金が入ったので、何に使おうかと考えていたら、当然(?)ながら親にほとんど持ってかれ、5000円のおこぼれをもらえたしだいです。
 まぁ、その5000円も、弁当。弁当。CD。弁当。ネットカフェ。って感じに使ってしまい、もはや存在していたのかも怪しい状況ですが、金は天下のなんとやらといいますので、これでいいのだ! と強がっております。 
くそう、弁当に使いすぎた><
 
 ちょっとものの考え方が変わってきたのか、なにかをするのが、あまり苦にならなくなってきた今日このごろ。これはいい兆しかも♪
 次回の更新はもっと早くしたいなぁ。なんて思っているのでー。生暖かい目で見守ってやってくださいまし。 

 それではこれで~ノシ

小説【5】

「まりぃちゃーん、来たよー! おきてよー」
 扉を開けて入ってきた少女は、ベッドで眠るまりぃを揺さぶっている。
 横になっているまりぃは、眉間にシワを寄せて目を瞑りふて寝を決め込んでいる。
「……おきてよー。ウフフ」
 少女はまりぃの耳に冷たい息を吹きかけた。
「ひゃあぁ! なにすんのよ!」
 思わず大声を上げて、はっとしたように口をつぐむ。今は真夜中だ。
 まりぃは目を細めて少女を見た。
「フィーナ、今何時だと思ってるの?」
「はい、まりぃちゃん。ごめんなさーい! だからちょっとこれを見て~」
 間髪容れずに、まりぃに紙を手渡す。
「なにこれ? 闘技大会開催。日時は……ちょうど一ヵ月後ね」
「そうそう。それでね、この大会に一緒に参加しようよー」
 フィーナはキラキラと目を輝かせている。対するまりぃは……フィーナと一緒だった。
「いいじゃない、面白そうね! 腕の見せ所だわ!!」
「だよねだよねー! わたしもがんばるぞー」
 真夜中だと言うのに叫ぶ二人の声で、絶賛気絶中だったメフが目を覚ました。
「……うるさいなぁ、しずかにしてよ二人とも。眠れないじゃないか」
「おはようございまーすメフさん」
「あ、メフ。おきたんだ。真っ黒な服着た変な男が、気絶してるメフを担いできたんだけど、あいつになにかされたの?」
 メフは嘆息した。変な男って……。
「あぁ。それはメフの知り合いだよ。そんな風に言うなんて心外だなぁ。なにか失礼なことをしたんじゃあないだろうね?」
 まりぃはソッポを向いた。
「し、してないよ」
 明らかにおかしいまりぃの態度に、メフの目つきが鋭くなる。
「ホントにホントだね?」
まりぃは観念して、両手を合わせた。
「ごめん! しちゃった」
メフはため息をついて、まりぃの頭をわしゃわしゃとなでる。
「すなおだね。顔に出やすい所は、相変わらずだ。なにをしたかまでは聞かないから、今度あったときにちゃんと誤るように」
「はーい」
 話が終わった途端に、フィーナがメフにさっきの紙を手渡した。
「というわけで、メフさんもこれに参加しましょう!」
 手渡された紙を見て、方眉を上げる。
「あぁ、この大会か。いいよ、出よう。実は去年も出てるんだ」
「そうなんだ。初耳ー」
「言ってなかったからね」
 
 その後は三人で延々と話し込んでいるうちに、空が白み始めてきて、フィーナが帰ると言い出した。
「じゃーね、まりぃちゃん。大会、一緒に行こうね」
「了解。またねー」
 まりぃはフィーナの姿が見えなくなるまで見送ってから、家に入った。二度ね決行だ。
 里の住人ではないフィーナが、一体何処に住んでいるのか、まりぃ達は知らないし、大して気にしていない。

 この日里の外にある森の中から、一匹の氷龍が飛び立っていったのを見る者は、誰もいなかった。





 近況報告として、MIB復活しました。小説の更新大変遅くなりました~。
 まったく関係の無い話ですが、涼宮ハルヒの十巻はまだ出ないのかなぁ。前の巻が思わせぶりな終わり方してるからすごく気になりますねー。
 小説出演者、募集してますよ~。更新遅くても、ちゃんと続けていくのでー。出演者募集の所をご参照後、出てもいいよと言ってくださる方は是非コメントよろです。

小説【4】

 まりぃが再び床についてから半日以上が経過して、今は夜。
 本来なら起こしてくれるメフも気を失っており、まりぃは起きずに時間だけが過ぎていった。
 生気を失ったかのように静まりかえる家に、近づく少女が一人。
 長い髪を一つの三つ編みにまとめた色白の少女は、家の前までくるとおもむろにドアノブに手を伸ばした。
 しかし、朝にまりぃがしっかりと施錠をしたおかげで扉が開くことはない。
「あら?」
 何度か扉を開けようと試みるものの、やっぱりあかない。
 少女は仕方ないとばかりにため息をつき。扉を叩いた。
 一回……二回……三回……四回。
 いくら叩いても、まりぃ達は一向に起きてくる気配がない。
 しばらく経ってからもう一度扉を叩いても、誰も出てこない。
「んー……よし! やっちゃお♪」
 少女は楽しそうに言うと、息を吸い込み、勢い良く自分の左手に吹きかけた。
 すると、見る間に左腕が氷で覆われだし、薄い剣のような形になった。
「できたー」
 少女はそれを扉の隙間――鍵がある少し上――に差し込むと、勢い良く下へおろした。
 左手にまとった氷がわずかに砕ける音と共に、扉の鍵が壊れた。
「ちょっと脆かったかなぁ?」
 言いつつ、隙間から氷を抜き取り手をさっと払うと、左手にあった氷は跡形も無く消え去った。
 そのままドアノブに手を伸ばしてまわす。
 今度こそ、扉が開いた。
「おじゃましまーす」
 元気な声を出して、少女は家の中にはいっていった。




……はい。今年初めての小説です。
名前は出ていませんが、新キャラの登場です。参加の承諾をしてくださった影桜さんのキャラクターを出させて頂きました。
でも……なんかやることが横暴というか泥棒というか。みたいになっちゃって……。なんか頭に浮かんだことを文章にしていたらこんなふうになっちゃいました。ごめんなさいm(_ _)m
 決して泥棒ではないのでお許しください><
 閑話休題?
 っと、まぁ。今のところ参加希望のところに書き込んでいただいた方はとりあえずの出演を果たしたわけでした。
 もう出せる人がいないわけでして。
 出演者募集中><
 オリキャラ出してもいいのですが、いいのですがぁ……。
 ま、まぁそれではこの辺で。
 (^▽^ノシ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。